Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PrintNightmare」は「CVE-2021-1675」と異なる脆弱性 - MSが回避策をアナウンス

「Windows印刷スプーラーサービス」に脆弱性「PrintNightmare」が明らかとなった問題で、マイクロソフトはセキュリティアドバイザリを急遽リリースした。パッチは用意されておらず、回避策をアナウンスしている。

問題の脆弱性は、「Windows印刷スプーラーサービス」の一部関数に明らかとなった脆弱性。セキュリティ研究者が実証コードを一時公開。その後削除したものの、第三者が公開しており、すでに拡散している。

「PrintNightmare」は、6月にマイクロソフトの月例セキュリティ更新で修正された「CVE-2021-1675」として議論される一方、修正プログラムを適用した環境においても、エクスプロイトコードの実行を防げない「ゼロデイ状態」にあることから、セキュリティ機関などが注意を喚起している。

これに対してマイクロソフトは、同脆弱性について「CVE-2021-1675」と類似しているものの、攻撃ベクトルなどに差異があり、異なる脆弱性であると説明。CVE番号「CVE-2021-34527」を割り当てたという。

同社は、関数「RpcAddPrinterDriverEx」を呼び出すことができるユーザーによって、リモートからSYSTEM権限で任意のコードを実行されるおそれがあるとし、調査を進めているという。

(Security NEXT - 2021/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も