Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows印刷スプーラー」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」 - PoC公開済み

「Windows印刷スプーラーサービス」に脆弱性「PrintNightmare」が明らかとなった。悪用を防ぐパッチは用意されておらず、セキュリティ機関では無効化など緩和策を検討するよう注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、「Windows印刷スプーラーサービス」の一部関数が外部よりアクセスでき、システム権限で任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性。

セキュリティ専門家2人が、8月に開催されるBlack Hat USA 2021で同脆弱性に関する論文が採択されたとし、「PrintNightmare」の実証コード(PoC)を公開していた。

問題の脆弱性は「CVE-2021-1675」として議論されている。マイクロソフトでは6月の月例セキュリティ更新で「CVE-2021-1675」を修正したとしているが、CERT/CCによると、同パッチでは「PrintNightmare」の悪用を防げないとしており、修正プログラムなどは用意されていない状態だという。

マイクロソフトでは、6月21日に「CVE-2021-1675」のアドバイザリを更新。当初ローカルから悪用可能としていたが、リモートからもコードの実行が可能であるとし、重要度を「重要(Important)」からもっとも高い「クリティカル(Critical)」へと引き上げた。ただし、悪用の有無や「PrintNightmare」との関連性については言及していない。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開