Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委

報告を受けた4141件の82.2%は、書類やメールの誤送付、書類、電子媒体の紛失などだった。それ以外では、不正アクセスなどの報告が目立ったという。1件あたりの対象人数は500人以下が91.3%と大半を占めるが、5万1人以上のケースも43件あった。

同委員会へ直接報告があった1027件の詳細を見ると、63.8%が事業者の従業員による不注意に起因。委託先従業員の不注意10.9%をあわせると74.7%にのぼる。

不正アクセスや盗難など、事業者において第三者により意図的に漏洩などが生じたケースは156件、委託先で生じた27件をあわせると17.8%にあたる183件だった。

事業者の従業員による意図的な漏洩は13件、委託先従業員による意図的な漏洩2件をあわせると15件となり、全体の約1.5%にあたる。

漏洩した情報の形態は、紙媒体のみが50.9%。電子媒体のみが45.3%だった。91.0%において氏名、生年月日、性別、住所の基本情報以外が含まれる。また80.4%に顧客情報、11.1%に従業員情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2021/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査