Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ

同社ではランサムウェアの外部通信を遮断するとともに、不正アクセスを受けたサーバについては再構築を実施。5月27日時点でサーバに保管されていた情報が外部に公開されているといった情報は確認されていないと説明している。

不正アクセスの被害について警察へ相談しており、個人情報保護委員会に対しても報告を行った。対象となる関係者にはメールや書面を通じて連絡している。

ランサムウェアが感染した経緯や原因、脅迫状況など、詳細について明らかにしていない。本誌の取材に対して不正アクセスの対応を行っている米国Subwayは、6月2日の時点においてウェブサイトで公表している情報以上のことは回答できないとして、コメントを避けた。

(Security NEXT - 2021/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬