Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ

ファーストフードチェーンを展開する日本サブウェイにおいて、同社関係者や顧客の個人情報を含むサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。

同社によると、4月14日に国内にある同社ファイルサーバがランサムウェアによる不正アクセスを受けたことが判明したもの。内部には関係者や顧客の個人情報などが保存されており、外部に流出した可能性がある。

具体的には、従業員や採用応募者、フランチャイズオーナー、フランチャイズにおけるスタッフ、フランチャイズ候補、マーケティングにおける外部ベンダー、サプライヤーに関する情報など、約1万人分の個人情報を保存。氏名や性別、生年月日、国籍、住所、電話番号、メールアドレス、職歴、収入、結婚歴、賞罰歴、クレジット歴、パスポート、自動車運転免許などが含まれる。

また顧客に関しては、名前、年齢、電話番号など64人分の個人情報のほか、会員カード「サブクラブカード」の会員番号約30万件が保管されていた。このうち約8万人については、誕生日、居住都道府県、職業の分類、未婚既婚の分類などの情報と紐付けられているという。

(Security NEXT - 2021/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
委託先ランサム被害で顧客情報流出、当初報告から状況変化 - クボタクレジット
ニデック子会社へのランサム攻撃、グループ会社にも影響広がる
KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA