Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通

同ツールで情報を共有しており、情報流出の可能性が判明した成田国際空港は、本誌取材に対して、情報流出の形跡が確認された5月17日に、富士通側より報告があったと説明している

一方富士通は、流出を把握した具体的な日時について公表を控えるとし、不正アクセスの可能性を把握した5月6日以降、同ツール全体において情報流出の可能性を把握した日時については明らかにしていない。

また同社はツール全体を停止した5月25日まで、影響を受けることが判明したプロジェクトごとに対応を進めてきたが、同ツール内において不正アクセスによる影響が稼働するプロジェクト間で生じる可能性があるのかコメントを求めたが、回答は得られなかった。

調査中の段階で復旧の見通しも立っていない。同ツールにおけるすべてのプロジェクトにアクセスできない状況だが、「同ツールの停止により、同社の事業活動や顧客に対して大きな影響が生じないよう対応を進めている(同社広報)」という。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開