Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通

富士通は、同社で活用するプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」の一部プロジェクトが外部より不正アクセスを受け、受託情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

「ProjectWEB」は、同社やグループ会社、外部の協力企業、顧客間において、システム開発などのプロジェクト管理に用いているオンラインツール。

内部のみや社内外で活用するなど、プロジェクトごとに利用形態は異なるが、おもに開発における工程やソース、タスクの管理などに用いている。同ツールで稼働しているプロジェクト数や利用する顧客数などは非公表としている。

同社によると、同ツールにおいて不正アクセスを受けた可能性を認知したのは5月6日。その後調査を進めるとともに、顧客への説明や警察への相談など対応を進めており、5月25日に同ツールにおいてすべてのプロジェクトを停止させたという。

5月6日に不正アクセスを把握したきっかけ、不正アクセスを受けた原因、流出したデータの内容については調査中の段階であるとして、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正