Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通

富士通は、同社で活用するプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」の一部プロジェクトが外部より不正アクセスを受け、受託情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

「ProjectWEB」は、同社やグループ会社、外部の協力企業、顧客間において、システム開発などのプロジェクト管理に用いているオンラインツール。

内部のみや社内外で活用するなど、プロジェクトごとに利用形態は異なるが、おもに開発における工程やソース、タスクの管理などに用いている。同ツールで稼働しているプロジェクト数や利用する顧客数などは非公表としている。

同社によると、同ツールにおいて不正アクセスを受けた可能性を認知したのは5月6日。その後調査を進めるとともに、顧客への説明や警察への相談など対応を進めており、5月25日に同ツールにおいてすべてのプロジェクトを停止させたという。

5月6日に不正アクセスを把握したきっかけ、不正アクセスを受けた原因、流出したデータの内容については調査中の段階であるとして、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス