Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通

富士通は、同社で活用するプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」の一部プロジェクトが外部より不正アクセスを受け、受託情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

「ProjectWEB」は、同社やグループ会社、外部の協力企業、顧客間において、システム開発などのプロジェクト管理に用いているオンラインツール。

内部のみや社内外で活用するなど、プロジェクトごとに利用形態は異なるが、おもに開発における工程やソース、タスクの管理などに用いている。同ツールで稼働しているプロジェクト数や利用する顧客数などは非公表としている。

同社によると、同ツールにおいて不正アクセスを受けた可能性を認知したのは5月6日。その後調査を進めるとともに、顧客への説明や警察への相談など対応を進めており、5月25日に同ツールにおいてすべてのプロジェクトを停止させたという。

5月6日に不正アクセスを把握したきっかけ、不正アクセスを受けた原因、流出したデータの内容については調査中の段階であるとして、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス