Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害

メガネブランド「Zoff」「GLASSAGE」を展開するインターメスティックは、同社サーバが不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によると、同社サーバがランサムウェアに感染し、外部より不正アクセスを受けたもの。外部に顧客や従業員に関する個人情報、一部取引先情報が流出した。

5月10日に同社で情報流出を確認。通信の遮断や被害状況の調査など対応を進めていたところ、同月13日に脅迫文が同社へ届いたという。

今回の不正アクセスにより、「Zoff」のメールマガジンを登録している顧客の個人情報9万2426件や、Zoffのオンラインショップを利用した顧客の個人情報757件が流出した。氏名、性別、生年月日、メールアドレスのほか、オンラインショップを利用した顧客については住所も含まれる。

さらに「GLASSAGE」に関連する顧客では、氏名、年齢、性別、住所、電話番号など3616件や氏名およびメールアドレス112件が被害に遭った。従業員の個人情報や一部取引先に関する情報については、流出範囲の特定を急いでいる。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック
ランサム被害による子会社情報の流出を確認 - 綜研化学
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応
静岡県委託先で個人情報が流出 - 開発会社からアクセスキーが漏洩
特定保健指導の参加者情報が外部流出 - 伊丹市
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市