Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所

同県では、検査依頼書を添付ファイルとしてメールで送信する際、暗号化するルールとなっているが、同保健所によると、ほぼ毎日検査機関とメールをやり取りすることから慣れが生じ、ファイルの暗号化や複数によるメールアドレスの確認作業を怠っていたという。

今回の問題を受け、同県では送信先のメールアドレス入力時に複数で確認することや、これまでに送信したことがない宛先へ送信する際は、問題なく送信先でメールが受信できるか事前に確認を実施する。

またパスワードについては、同一のメールアドレスへパスワードを送信するいわゆる「PPAP」ではなく、事前にパスワードの設定ルールを伝えた上で名簿のファイルのみを送信し、再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2021/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市