Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナワクチン接種の一部予診票が所在不明に - 横須賀市

神奈川県横須賀市は、新型コロナワクチンの接種記録の入力を委託している横須賀市医師会事務局において、ワクチン接種の予診票が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、2月20日に接種委託料の支払いにあたり、ワクチン接種をした医療機関に接種人数の確認を行ったところ、5件の確認が取れなかったため、同事務局に予診票を確認したところ、5人分の予診票が所在不明となっていることが判明したもの。

紛失した予診票には、被接種者の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、予診に関する質問事項などが記載されていた。

同市では対象となる被接種者に、同事務局が説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消