Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所

鳥取県は、米子保健所において、新型コロナウイルス感染症のPCR検査依頼書を、誤って無関係の企業へメールで送信したことを明らかにした。

5月10日に同保健所より、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けた25人分のひらがな氏名が記載された検査依頼書を、民間検査機関へメールで送信した際、誤って無関係である別の企業へ誤送信したもの。ファイルは暗号化されていなかった。

当時、通常利用している端末に不具合があり、別の職員が異なる端末より作業を行ったが、メールアドレスの入力を誤り、類似したメールアドレスを持つ企業へ送信。検査機関から依頼書が届いていないとの連絡があり、問題が判明した。

判明後、誤送信先を調べて連絡を取り、メールを受信していたことから、ファイルを開かずに削除するよう依頼。削除されたことを確認したという。また対象者に検査結果を連絡する際、あわせて経緯を説明し、謝罪を行った。

(Security NEXT - 2021/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市