Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県

茨城県は、新型コロナワクチン大規模接種会場の医療従事者に関する個人情報がインターネット経由で流出したことを明らかにした。

同県では、2021年度、2022年度に実施したワクチン接種業務をシーユーシーに委託。同社がワークスタイルテックのクラウド型労務管理システムを利用していたところ、同システムより情報流出が発生した。

アクセス権限の設定ミスに起因し、2023年12月28日から29日にかけて、同システムに保存されていた個人情報が第三者によってダウンロードされ、同県に関する情報も含まれていた。

流出したのは、2022年2月以降、同県が設置した5箇所の大規模接種会場でワクチン接種業務を行うため、委託業者が確保した医療従事者1693人に関する個人情報。

氏名、住所、性別のほか、マイナンバーカードや運転免許証、パスポートといった身分証明書の情報などが含まれる。

同問題に関しては、3月にワークスタイルテックが同社のクラウド労務管理サービス「WelcomeHR」において設定にミスがあったことを公表。2020年以降、外部より個人データを閲覧できる状態となり、個人情報が外部へ流出したことを明らかにしていた。

(Security NEXT - 2024/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性