Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀

横浜銀行は、顧客情報含むデータを誤って広告の発注先である外部事業者にメールで送信するミスがあったことを明らかにした。

同行によれば、顧客情報含む表計算ファイルを広告事業者1社に対して、2回にわたり誤ってメールで送信するミスがあったという。

4月12日に実施した定期内部点検で、4月2日のメールによる外部送信が判明。同様のミスがないか確認したところ、1月8日にもファイルをメールで送信していたことがわかった。

誤送信した表計算ファイルには、顧客情報4万1729件が保存されていた。カタカナ氏名や電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、店番号、口座番号、スマホ決済サービス「はまPay」のログインIDなども含まれる。メールの添付ファイルは、送信時に自動で暗号化されているが、パスワードも従業員が同経路で通知していた。

同行では、従来より同事業者へ顧客に関する統計データを含んだ表計算ファイルをメールで送信していたが、今回判明した2回のメールでは、表計算ファイル内の別シートに顧客情報が含まれていることへ気付かず、そのまま送信していた。

(Security NEXT - 2021/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー