Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明

端末を持ち出した職員は、一時自宅でパソコンによる作業を行っていたが、その後使用しなくなり、そのまま失念。自宅で保管されていたパソコンを職員の家族が不要であると勘違いし、2020年9月に廃棄事業者に処分を依頼し、同事業者よりパソコンを買い取った人物が、インターネットオークションへ出品していた。

同機構ではオークション落札者より端末を買い取り、端末内部のログについて調べたが、持ち出した職員が最後に作業を行って以降、問題のファイルを開いた形跡などは見つからなかったとしている。

職員がパソコンを持ち帰った当時、同センターでは端末の入れ替えを行っており、問題の端末はすでに業務に利用しておらず廃棄予定だった。そのため持ち出しに気が付かなかったという。

今回の問題を受けて、同機構では同職員について3月19日付で停職10日とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開