Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明

国立病院機構姫路医療センターにおいて、患者情報約14万人分の個人情報が保存されたパソコンが持ち出され、インターネットオークションに出品されていたことがわかった。

同機構によると、2018年末に事務職の職員が同機構の業務用ノートパソコンを無許可で持ち出していたもの。仕事が終わらず、自宅へ持ち帰って業務に用いていたという。

問題の端末内部には約14万件の個人情報が保存されていた。このうち約12万件は、名前や最終来院日など保存した紙カルテの保存一覧。

のこる約2万件については名前、生年月日、住所で、約4000件については、病名なども含まれる。端末内部のデータは暗号化していなかった。

今回の情報流出は、2020年10月3日に同機構のものと見られる端末をインターネットオークションで落札したとの連絡が外部より寄せられ、問題が発覚した。

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正