Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も

情報流出に関する調査を行っているUnder the Breachのセキュリティ専門家であるAlon Gal氏によると、問題のデータは少なくとも2020年6月ごろには売買されており、2021年初頭には、低価格のデータベースサービスがTelegram上で提供されていたという。

同氏は、すでに無料で公開されており、Facebookアカウントと紐付いた電話番号が流出したことで、ソーシャルエンジニアリングなどに悪用される危険性があると指摘。Facebookは対象者に通知すべきだと訴えている。

今回の問題を受けて、Facebookの広報担当者は、2019年に報告された古いデータであるとし、同年8月に脆弱性は修正済みであると説明した。

(Security NEXT - 2021/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追