Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も

情報流出に関する調査を行っているUnder the Breachのセキュリティ専門家であるAlon Gal氏によると、問題のデータは少なくとも2020年6月ごろには売買されており、2021年初頭には、低価格のデータベースサービスがTelegram上で提供されていたという。

同氏は、すでに無料で公開されており、Facebookアカウントと紐付いた電話番号が流出したことで、ソーシャルエンジニアリングなどに悪用される危険性があると指摘。Facebookは対象者に通知すべきだと訴えている。

今回の問題を受けて、Facebookの広報担当者は、2019年に報告された古いデータであるとし、同年8月に脆弱性は修正済みであると説明した。

(Security NEXT - 2021/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
インスタアカウントが乗っ取り被害、DMに個人情報 - 建築設計会社
インスタアカウントが乗っ取り被害 - 新潟食料農業大
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に