Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郡山市の偽Facebookアカウント - 「プレゼント当選」などと誘導

福島県郡山市は、同市の公式Facebookアカウントに見せかけた「なりすましアカウント」が確認されたとして注意を呼びかけた。問題のアカウントは、「プレゼント企画に当選した」といったメッセージを送信しており、同市とは無関係のサイトに誘導していたという。

同市によれば、公式アカウントと同じアカウント名やプロフィールを設定した「なりすましアカウント」が見つかったもの。アイコンの画像や記事なども盗用している。

2月12日に問題のアカウントより友だちリクエストがあったとの報告が同市複数職員からあり、問題が発覚。住民からも不審なメッセージが届いたとする情報が寄せられた。「プレゼント企画に当選した」といったメッセージを送りつけていたという。

同市では警察へ通報するとともに、Facebookを運営するMeta Platformsに対して「なりすましアカウント」を停止するよう要請した。問題のコンテンツは同日より表示されない状態となっている。

同市は、「Facebook」を含めた公式SNSから友だちリクエストは行っていないとして、誤って承認しないよう注意を呼びかけた。引き続き監視を行うとしている。

20240213_kc_001.jpg
同市公式アカウントとアイコンなどを盗用した「なりすましアカウント」。なりすましアカウントからは外部サイトへ誘導するメッセージが送信されていた(画像:郡山市)

(Security NEXT - 2024/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookに鹿児島県知事の偽アカウント - 公式上回るフォロワーを獲得
災害に便乗する「なりすましメール」に注意呼びかけ - 日本赤十字
奈良県公式Xの偽アカウントを確認、県が注意喚起
「経産省サイバーセキュリティ課」をかたる偽電話が急増
声優プロダクションがなりすましアカウントに注意喚起
「読売新聞オンライン」の偽サイト - 著名人画像の広告で誘導
学外から送信されたフィッシングメールに注意を喚起 - 愛媛大
ドコモ装い、「未納料金」などと偽電話 - 自動音声を活用
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
電話を併用するBECに警戒を - 発信者番号を偽装、役員の声も模倣