Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意

悪質な通知には、セキュリティベンダーやWindowsのロゴなども悪用。OSやセキュリティソフトがアラートを発行したかのように見せかけていた。こうした偽通知では「偽の当選サイト」に誘導するケースなどもあるという。

これまでもブラウザ上で偽警告を表示する手口が見られたが、「通知機能」は、ブラウザによる通知としてOS上で表示されるため、OSや他アプリケーションが発行したアラートと勘違いしてしまうおそれもある。

同機構では、ブラウザの通知を安易に許可しないといった対応や、表示された通知をそのまま信頼せず、真偽が判断できない場合は、使用しているセキュリティ対策ソフトのサポートやパソコンメーカーに確認するよう求めた。

またウェブサイトへ通知を許可した場合も、ブラウザより取り消すことができるとして注意を呼びかけている。

20210310_ip_003.jpg
PCにおいてセキュリティベンダーやOSを装った通知。スマートフォンを狙うケースもある。よく見ると通知を行ったブラウザとウェブサイトのURLが記載されている。(画像:IPA)

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり