Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起

「Microsoft Exchange Server」の深刻な脆弱性に対する攻撃が、無差別かつ広範囲に展開されているとして、米政府はすべての組織に対して早急に対策を講じるよう呼びかけた。アップデートだけでなく、侵害状況を確認するよう求めている。

問題とされるのは、現地時間3月2日に定例外のセキュリティ更新プログラムがリリースされ、修正された「Microsoft Exchange Server」の脆弱性。ゼロデイ攻撃で悪用された4件を含む7件の脆弱性が修正されている。

マイクロソフトは、中国が支援するグループによって脆弱性が悪用されたとの見方を示し、事態を重く見た米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、現地時間3月3日に緊急指令を発出。連邦政府機関に対して侵害状況の確認を命じた。確認できない組織に対してはネットワークへサーバの接続を禁止している。

以降、同脆弱性の悪用が拡大し、広範囲かつ無差別に攻撃が展開されていることが判明。CISAは現地時間3月8日、すべての組織に対して今回の脆弱性へ対応するよう強く呼びかけた。

(Security NEXT - 2021/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請