Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か

「Microsoft Exchange Server」に脆弱性が存在し、標的型攻撃に悪用された問題でマイクロソフトは中国が支援する攻撃グループ「HAFNIUM」が関与した可能性が高いとの見方を示した。

マイクロソフトは、現地時間3月2日に定例外のセキュリティ更新をリリース。あわせて7件の脆弱性を修正したが、そのうち4件「CVE-2021-26855」「CVE-2021-26857」「CVE-2021-26858」「CVE-2021-27065」についてゼロデイ攻撃に悪用されたことがわかっている。

攻撃キャンペーンを分析したマイクロソフトは、戦術や手法などから、中国の支援を受ける攻撃グループ「HAFNIUM」の関与に強い自信を持っていると述べた。同グループは、これまでも政策、法律、教育機関、防衛産業、感染症研究、NGOなど、米国の幅広いセクターの関係者に対して攻撃を展開している。

今回のケースでは、「Exchange Server」が侵害されるとマルウェアをインストールされ、メールアカウントが侵害されるなど長期間にわたり被害が生じるおそれがある。

攻撃者は、侵入先となるサーバに「ASP」による「ウェブシェル」を展開。メモリダンプやメールボックス、アドレスブックなどを窃取するほか、ファイルの圧縮やさらなるリバースシェルのインストールなども行っていた。

(Security NEXT - 2021/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も