Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生

マイクロソフトは、定例外で「Microsoft Exchange Server」向けにセキュリティ更新プログラムをリリースした。ゼロデイ攻撃が発生しており、早急な対応が求められる。

「Microsoft Exchange Server」に7件の脆弱性が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると、リモートよりコードを実行されるおそれがある。「同2019」「同2016」「同2013」のいずれも影響を受ける。

2020年10月13日にサポートが終了した「同2010」に対しても多層防御のため、同社では更新を提供。クラウドで提供されている「Exchange Online」は影響を受けない。

重要度は、「CVE-2021-26412」「CVE-2021-26855」「CVE-2021-27065」「CVE-2021-26857」が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。のこる「CVE-2021-26854」「CVE-2021-26858」「CVE-2021-27078」は「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは、「CVE-2021-26412」「CVE-2021-26855」「CVE-2021-27078」が「9.1」。「CVE-2021-26857」「CVE-2021-26858」「CVE-2021-27065」が「7.8」で「CVE-2021-26854」が「6.6」。

(Security NEXT - 2021/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正