Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン

一方、これまで流出の可能性があるとしていた北米における「Capcom Store」の会員情報や、eスポーツ運営サイト会員情報など約1万8000件の個人情報については、流出の可能性がないことが明らかとなったため、除外している。

同社は、個人情報や企業情報の流出が確認された関係者に対して個別に連絡を取っており、経緯の説明などを実施。また情報流出の可能性がある情報について、引き続き調査を進めていくとしている。

また被害が生じた社内システムについてはおおむね復旧し、業務はほぼ平常に戻っているという。

(Security NEXT - 2021/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意