Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン

カプコンは、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けた問題で、被害状況を更新した。1万6406人分の個人情報が流出したことを確認。流出した可能性がある個人情報は最大約39万人分としている。

同社はこれまで、個人情報の流出が確認された対象人数を9人としていたが、その後の調査であらたに1万6406人に関する情報流出を確認。内訳は取引先など3248人分、退職者や関係者など9164人分、従業員や関係者3994人分で、対象者は合計1万6415人となった。

流出した情報によって内容は異なるが、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、人事情報などが含まれる。また売上情報、営業資料、開発資料、取引先情報などの流出もあらたに確認した。

流出した可能性がある顧客や取引先など、同社外部の個人情報についても更新。これまでより約4万人多い最大約39万人とした。採用応募者情報約5万8000人分について流出した可能性があらたに判明したという。

(Security NEXT - 2021/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」