Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧

ゆめマートなどスーパーマーケットチェーンを展開するイズミは、サイバー攻撃を受けた問題でVPN経由で侵害されたことを明らかにした。痕跡などは見つかっていないが、個人情報が流出した可能性もあるため関係者に連絡を取るという。

同社では、2月15日にシステム障害が発生。同社グループの複数サーバでランサムウェアによりデータが暗号化される被害が判明した。

同社では事態を公表し、外部協力のもと、情報漏洩などの影響も含め調査してきたが、原因についてVPN機器経由で第三者に侵入され、サーバを侵害されたことを明らかにした。

外部における個人情報の公開や不正利用の被害などは確認されておらず、サーバの通信記録でも情報が外部に流出した痕跡は見つかっていないが、第三者によってデータを参照され、漏洩した可能性もあるという。

対象となるのは、2024年2月15日以前に入会したゆめカード会員の氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、ポイント管理番号など最大778万2009件。クレジットカード情報は異なるシステムで運用しており、影響を否定している。

(Security NEXT - 2024/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局