Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も

米当局は、ランサムウェア「Black Basta」の手口や関連する脅威情報を公開し、注意を喚起した。特に影響が大きい医療機関などへ対策を呼びかけている。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や米連邦捜査局(FBI)、米保健福祉省(HHS)、MS-ISACが共同でセキュリティアドバイザリをリリースしたもの。FBIの捜査や第三者の報告によって特定された同グループの攻撃手法や関連する「IoC(Indicators of Compromise)」情報を取りまとめ、提供している。

同グループは、少なくとも2022年4月より活動しており、攻撃ツールを提供する「RaaS(Ransam as a Service)」として参加者を募り、ランサムウェアによる攻撃を展開している。

攻撃手法は、フィッシングや既知の脆弱性に対する攻撃など、広く見られる手法を用いており、初期アクセスを獲得。データの暗号化にくわえて窃取も行い、いわゆる「二重恐喝」を行う。

北米やヨーロッパ、オーストラリアにおいて重要インフラや企業など500以上の組織が影響を受けた。16の重要インフラセクターのうち、少なくとも12でデータを暗号化される被害が発生している。

(Security NEXT - 2024/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始