Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請

NSAでは、推奨するバージョン、暗号スイート、鍵交換方法などの構成などをGitHub上で公開。ネットワーク監視などを用いて脆弱なトラフィックを検出し、クライアントやサーバを特定、修正するよう求めている。

なお国内においては、情報処理推進機構(IPA)が「TLS暗号設定ガイドライン」を提供している。「TLSサーバ」を構築したり運営する関係者向けに暗号技術評価プロジェクト「CRYPTREC」が策定したガイドラインで、技術的な解説や要求設定、チェックリストを収録している。

要求設定など見直した最新版となる「同3.0.1版」を2020年7月に公開しており、旧版利用者に対しても、最新版に基づく見直しを実施するよう推奨している。

(Security NEXT - 2021/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
「GnuTLS」の「DTLS」プロトコル実装に脆弱性
「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
Androidアプリ「日テレニュース24」に脆弱性 - 修正版が公開