Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定

OpenSSLの開発チームは、特定環境下において「TLSv1.3」のセッション処理にサービス拒否の脆弱性が見つかったことを明らかにした。

「SSL_OP_NO_TICKET」オプションを有効化した場合に、セッションキャッシュが初期化されず、消費メモリが増加する脆弱性「CVE-2024-2511」が明らかとなったもの。

サービス拒否の状態に陥るおそれがある。故意に悪用されるだけでなく、通常の運用で偶発的に発生する可能性もあるとしている。

「TLSv1.3」をサポートするTLSサーバのみ影響があり、重要度は「低(Low)」とした。重要度が低いため、アドバイザリをリリースした段階でアップデートは用意していない。

リポジトリにおいてパッチを公開しており、今後リリース予定となっている「同3.2.2」「同3.1.6」「同3.0.14」「同1.1.1y」にて反映される予定。

なお、「同3.2」「同3.1」「同3.0」のFIPSモジュールおよび「同1.0.2」については影響を受けない。

(Security NEXT - 2024/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院