Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安

テレワークを導入する企業が増えているが、テレワークを実施する取引先経由で自社情報が流出するなど、半数が取引先のセキュリティ対策に不安を感じていることがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が11月2日から13日にかけて企業の従業員やIT担当者を対象にウェブアンケート方式で調査を実施し、中間報告として取りまとめたもの。回答者は2372人。

10月31日の時点でテレワークの実施経験について尋ねたところ、75.9%がテレワークの経験があると回答した。テレワークの導入時期については、緊急事態宣言前が42.7%で、緊急事態宣言中が50.5%、緊急事態宣言後が6.8%だった。

オンライン会議ツールの利用状況を見ると、緊急事態宣言前は45.7%だったが、緊急事態宣言中は73.7%、緊急事態宣言後は77.4%と30ポイント前後増えている。

68.5%が取引先企業の行動に変化を感じていると回答。具体的には、「オンライン会議が増えた(52.3%)」「テレワークが導入された(37.4%)」「取引先からの訪問回数が減った(37.1%)」「契約書のやり取りがオンライン化した(11.9%)」となっている。

20201228_ip_001.jpg
業務における取引先に感じた行動の変化(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増