Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安

テレワークを導入する企業が増えているが、テレワークを実施する取引先経由で自社情報が流出するなど、半数が取引先のセキュリティ対策に不安を感じていることがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が11月2日から13日にかけて企業の従業員やIT担当者を対象にウェブアンケート方式で調査を実施し、中間報告として取りまとめたもの。回答者は2372人。

10月31日の時点でテレワークの実施経験について尋ねたところ、75.9%がテレワークの経験があると回答した。テレワークの導入時期については、緊急事態宣言前が42.7%で、緊急事態宣言中が50.5%、緊急事態宣言後が6.8%だった。

オンライン会議ツールの利用状況を見ると、緊急事態宣言前は45.7%だったが、緊急事態宣言中は73.7%、緊急事態宣言後は77.4%と30ポイント前後増えている。

68.5%が取引先企業の行動に変化を感じていると回答。具体的には、「オンライン会議が増えた(52.3%)」「テレワークが導入された(37.4%)」「取引先からの訪問回数が減った(37.1%)」「契約書のやり取りがオンライン化した(11.9%)」となっている。

20201228_ip_001.jpg
業務における取引先に感じた行動の変化(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測