Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増

2020年第3四半期に情報処理推進機構(IPA)の相談窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談件数は、前四半期から83.3%増加した。「Emotet」関連の相談が急増している。

20201023_ip_001.jpg
相談状況の推移(グラフ:IPA)

同四半期に同機構が対応したセキュリティに関連する相談は3245件。前四半期の1770件を大幅に上回った。

内容を見ると、7月に活動を再開したマルウェア「Emotet」に関する相談の増加が目立つ。前四半期は1件だったが、同四半期に入り、308件へと急増した。

第三者がIDやパスワードを不正に取得し、SNSやオンラインショッピングサイト、クラウドサービスなどへ本人になりすましてアクセスする「不正ログイン」に関する相談は59.4%増。102件の相談が寄せられた。

一方、フィッシングや不正なマルウェアのインストールなどを狙う、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談についても、375件から479件へと増加している。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起