Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府

くわえて「445番ポート」に対する通信も観測。「SMB」を介して脆弱な端末に感染を広げていると見られる。またパスワードを設定した「zipファイル」を利用することで、セキュリティ製品の検知を回避する動きも国内と同様に観測されている。

感染後の影響としては、最終的にランサムウェアへ感染させる「Trickbot」や、オンラインバンキングのアカウント情報などを窃取するトロイの木馬「Qakbot」など、さらなる別のマルウェアへ感染することが懸念される。

被害の拡大を受けてCISAとMS-ISACでは、「Emotet」のネットワークにおける活動を検出する侵入検知システム「Snort」用のシグネチャを公開した。

CISAでは、あわせて「Emotet」の影響を緩和する施策の実施を推奨。具体的には、実行ファイル「.exe」やライブラリファイル「.dll」のメール添付ファイルをブロックすることにくわえ、パスワードが設定されたzipファイルなど、セキュリティ対策ソフトでスキャンできないメールの添付ファイルについてもブロックすることをベストプラクティスに挙げた。

(Security NEXT - 2020/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加