Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新

9月にフィッシング対策協議会が報告を受けたフィッシングサイトのURLは6686件で、調査開始以降初の6000件台となった。報告数についても3万件に迫る勢いで、ともに最多記録を更新している。

同協議会が9月に報告を受けたフィッシング攻撃の状況について取りまとめたもの。同月に寄せられたフィッシングの報告は2万8575件。前月の2万814件から7716件増加した。前月は調査開始以降、はじめての2万件台となったが、さらに1.4倍弱と大幅に増加した。1日あたりに換算すると952.5件の報告が寄せられており、前月の671.4件を大幅に上回っている。

フィッシング攻撃に用いられたユニークなURLは6686件。前月の4953件から1733件増となった。2020年は3000件台から徐々に増加し、7月には最多記録を更新したが、9月はそれを上回り、調査開始以降はじめてとなる6000件台となった。

一方、悪用されたブランドは49件で、前月から6件減。「Amazon」「楽天」「三井住友カード」「LINE」をかたるケースが目立っており、この上位4ブランドで報告全体の93.2%を占めている。それ以外では「Apple」やクレジットカードブランド、金融機関を装うケースが多かったという。

20201002_ap_001.jpg
フィッシング報告数やURLの推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向