Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る

日本医師会の端末がマルウェア「Emotet」に感染したことがわかった。過去に端末上でメールをやり取りをしたことがある関係者をかたった「なりすましメール」が送信されたという。

同会によれば、9月4日に日本医師会館内にある事務局のパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。メールサーバでマルウェアのチェックを行っていたが検知できず、受信メールに添付されていたWordファイルを開いたため、感染した。

今回のマルウェア感染により、端末のメールソフトに保存されていたメールに関する送受信相手のメールアドレスや名前、本文などが流出。

9月4日12時前後から、同団体職員や都道府県医師会、関連省庁の職員など、過去に事務局とメールでやり取りをした関係者をかたる「なりすましメール」が無関係のサーバより送信されたという。

(Security NEXT - 2020/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を