Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る

日本医師会の端末がマルウェア「Emotet」に感染したことがわかった。過去に端末上でメールをやり取りをしたことがある関係者をかたった「なりすましメール」が送信されたという。

同会によれば、9月4日に日本医師会館内にある事務局のパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。メールサーバでマルウェアのチェックを行っていたが検知できず、受信メールに添付されていたWordファイルを開いたため、感染した。

今回のマルウェア感染により、端末のメールソフトに保存されていたメールに関する送受信相手のメールアドレスや名前、本文などが流出。

9月4日12時前後から、同団体職員や都道府県医師会、関連省庁の職員など、過去に事務局とメールでやり取りをした関係者をかたる「なりすましメール」が無関係のサーバより送信されたという。

(Security NEXT - 2020/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも