Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準

宅配業者の不在通知を装った「SMS(ショートメッセージサービス)」によるいわゆる「スミッシング」も増加。誘導先のサイトで不正なアプリをインストールしたり、金融機関をかたるフィッシングサイトへ誘導されたという報告が多く寄せられた。

また、フリマアプリをかたるフィッシングサイトに情報を入力してしまったとして相談が寄せられるケースも目立っている。

URLについては、大量に取得したランダムな文字列の独自ドメインに、正規サイトのドメイン名を追加したURLが多く、アドレスバーの表示領域が小さいスマートフォンでは、正規サイトのURLと見誤る可能性があるとして、注意を求めている。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増