Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準

7月に報告されたフィッシングサイトのURL件数が最多記録を更新し、2カ月連続で5000件を超えた。報告も前月同様1万6000件超となっている。

フィッシング対策協議会が7月に報告を受けたフィッシング攻撃の状況について取りまとめたもの。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1万6767件。最多件数を更新した6月の1万6811件から44件とわずかに減少したものの、依然として高い水準を保っている。

フィッシング攻撃に用いられたユニークなURLは5536件で、最多記録を更新した6月の5481件をさらに55件上回った。3月以降は4000件台前半で推移していたが、6月に一気に5000件台に突入。2カ月連続で5000件を超えた。

悪用されたブランド件数は52件で前月から6件減。特に報告数が目立つブランドは「Amazon」「LINE」「楽天」「Apple」で、これらの4ブランドで報告数全体の約90%を占める。特に「Amazon」関連のフィッシングが多く、全体の約62%にのぼった。

20200806_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の報告数およびURL件数(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携