Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加

2020年第2四半期のインシデント件数は前四半期の1.3倍となる7123件だった。フィッシング攻撃やサイト改ざん、DoS攻撃などが増加している。

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期のインシデント状況を取りまとめたもの。ウェブフォームやメール、ファックスなどを通じて同センターに寄せられた報告は1万416件。前四半期の6361件から60%増と大幅に増加した。特に6月が4055件と目立って多い。

報告より重複を除いたインシデント件数は7123件。前四半期の5509件から1614件の増加となる。月別に見ると、4月が2221件、5月が2277件、6月が2625件と各月いずれも2000件を超えた。後半にかけて増加しており、今後の動向が注目される。

サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4201件。前四半期から2%の増加となった。

20200714_jp_001.jpg
インシデント報告や件数の推移(表:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2020/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多