Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に

大量に取得した独自ドメインや、無料で利用できるダイナミックDNSサービスを悪用し、誘導先のURLを短時間に変更する手口なども引き続き確認された。

短縮URLや、メール配信サービスなどで用いられるトラッキング用のURLを経由してフィッシングサイトへ誘導するケースが増えている。セキュリティ製品のフィルタリングでは、正規サービスのURLと区別がつかず、アクセスを遮断できない可能性もあるとして警鐘を鳴らしている。

同協議会では、ログインを促すメールやSMSを受信した際は、メール内のリンクなどはクリックせず、正規のアプリやブックマークした正規のURLからログインして情報を確認するよう注意を呼びかけた。はじめて利用するサイトは、実在する事業者の正規サイトか、詐欺事例がないかを確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査