Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査

20200416_rs_002.jpg
フィッシングの標的国(RSAの発表をもとに独自に作成)

同四半期にフィッシング攻撃の標的となった国を見ると、「カナダ」が71%を占めた。

「米国」と「インド」が6%で続く。一方、フィッシング攻撃をホストした国では、「米国」が57%でもっとも多かった。

一方、同四半期に日本国内でホストされたフィッシングサイトは55件。10月が12件、11月が7件、12月が36件だった。2018年10月に100件超とピークを迎えたが、以降は、3件から37件の間で増減を繰り返している。

また同社では、同四半期に窃取され、売買されていたクレジットカード情報608万8800件について、復旧対策を行った。これらの8割強が米国、インド、スペイン、ブラジル、イギリスの5カ国で占められているという。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」