Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査

2019年第4四半期のフィッシング攻撃が、前四半期から約1.5倍へと大きく増加したことがわかった。

20200416_rs_001.jpg
フィッシングの推移(RSAの発表をもとに独自に作成)

RSAが2019年第4四半期に観測したサイバー攻撃の動向を取りまとめたもの。

同四半期にグローバルで検出された攻撃は約5万9300件。前四半期の約5万5500件から約7%増となる。

攻撃の内訳を見ると、「フィッシング」が59%を占めて最多。「ブランドの不正使用(17%)」「不正なモバイルアプリケーション(13%)」「トロイの木馬(10%)」と続く。

フィッシングに着目すると、同四半期に同社が観測したフィッシング攻撃は約35000件。約23900件だった前四半期の約1.5倍へと大幅に増加している。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」