Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加

同月に悪用されたブランド件数は5件増となる63件。2019年12月の67件に次いで多い件数となっている。

「Amazon」「Apple」「LINE」「楽天」といったブランドを悪用したフィッシング攻撃や、クレジットカードブランド、大手銀行などを装った攻撃について多数の報告が寄せられたという。

同協議会は、同じ件名や文面を用いつつも、誘導先サイトとして異なるURLを利用するケースが多く、URL件数の増加につながったと指摘。

大量に取得した独自ドメインやダイナミックDNSサービスを悪用し、短時間の攻撃で次々とURLを変更していたほか、パラメータをメールごとに切り替えるケースも確認されているという。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的