Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映

セキュリティカンファレンスイベント「CODE BLUE 2019」が、都内で10月29日、30日と2日間にわたり開催されている。

20191029_cb_001.jpg
篠田氏(画面左)と鵜飼氏(画面右)

同イベントは、日本発のセキュリティカンファレンスイベントで今回で7回目を迎えた。

国内外からセキュリティ専門家が集結し、最新のセキュリティ動向について議論を交わす。

従来は各テーマごとにトラックを設けていたが、今回は「シングルトラック制」を採用した。

講演以外にも、「Open Talks」や「CODE BLUE CTF」といった取り組みにくわえ、オープンソースのツールを紹介する「Bluebox」をあらたに設置。来場者と開発者が同じ目線の高さでコミュニケーションを取れる場を提供している。

レビューボードの鵜飼裕司氏はシングルトラックになったのは大きな変化であると指摘。バラエティに富んだ講演が予定されており、自分の異なる分野の話題を聴講することであらたな気づきを得て欲しいと語った。また発起人で事務局を務める篠田佳奈氏によると、新会場では講演と展示ブースが近く、より交流しやすい空間を目指したという。

(Security NEXT - 2019/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
「JPAAWG 4th General Meeting」が11月にオンラインで開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇