Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に

またSNSやネットショッピングサイト、クラウドサービスなどにおいて、本人以外の第三者がIDやパスワードを不正に取得してログインする「不正ログイン」に関する相談も前四半期から減少。前四半期の80件から2割減となり、64件だった。

一方で増加が見られたのが、「ワンクリック請求」に関する相談。同四半期は、前四半期を10件上回る90件の相談が寄せられた。2019年第1四半期に61件まで減少したが、以降は増加傾向が続いている。

アダルトサイトや性的な映像を閲覧している映像を入手したなど、セクストーションまがいの手口などによって、仮想通貨を詐取する迷惑メールの相談は95件。前四半期の91件からわずかに増加した。2018年は第3四半期に293件、第4四半期に701件の相談があったが、2019年に入ってからは、100件前後で推移している。

20191028_ip_002.jpg
不正ログインの相談件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も