Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増

情報処理推進機構(IPA)は、2023年第4四半期に同機構の窓口へ寄せられた情報セキュリティに関する相談状況について取りまとめた。「マルウェア検出の偽警告」に関する相談が大幅に増加している。

同機構によれば、同四半期に対応したセキュリティに関する相談は3176件。前四半期の2162件から約46.9%増加した。

2020年第3四半期から13四半期ぶりに3000件の大台を突破。前四半期は例外的にやや減少が見られたが、2022年第2四半期より増加傾向が続いている。

外部に流出した「ID」や「パスワード」などを用いて第三者が正規の利用者になりすまし、「オンラインショッピングサイト」「クラウドサービス」「SNS」などへアクセスするいわゆる「不正ログイン」の相談は103件だった。

2022年第2四半期以降、増加傾向が続き、前四半期は過去最多となる124件の相談が寄せられたが、減少に転じている。

20240123_ip_001.jpg
「情報セキュリティ安心相談窓口」で対応した相談件数の推移(グラフ:IPAの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院