Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響

20191018_jp_002.jpg
フィッシングサイト件数の推移(表:JPCERT/CC)

インシデントの内容を見ると、「フィッシング」が3457件で前四半期の1947件から大きく増加し、同四半期全体の件数を押し上げた。

これまで1000件以下で推移してきたが、7月以降は1000件を超える状況が続いている。また標的型攻撃も前四半期は1件だったが、今回6件へと増加した。

一方、他インシデントに関しては減少しており、稼働状況の調査や脆弱性の探索、侵入の試行などを行う「スキャン」は、927件で前四半期の1216件を下回った。

マルウェアサイトについても292件から236件に、ウェブサイトの改ざんも256件から236件へと減少。「DoS、DDoS」についても10件から1件へと縮小した。制御システム関連の報告は前四半期と変わらずなかった。

ただし、これらへ分類されず「その他」とされたインシデントが、491件から837件へと増加している。

(Security NEXT - 2019/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク