Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準

フィッシングの手口としては、これまでの傾向と同様、「Amazon」「Apple」「LINE」などの大手ブランドや、金融機関をかたるケースが多数報告された。

不在通知を装ったSMSを送り、Apple IDを詐取するフィッシングサイトへ誘導したり、不正アプリのダウンロードサイトへ誘導する「スミッシング」の報告も続いている。

フィ対協によると、件名や文面を使い回したフィッシングメールが大量に流通する一方、件名や文面、URLなどを少しずつ変化させ、小規模に送信する手口も増えているという。それぞれの流通量が少なく、インターネット上で検索しても類似例が見つからない可能性もあり、注意が必要だと指摘している。

また正規のメールに悪意あるリンクを追加する手口や、受信者の氏名や住所などをメールに記載した迷惑メールも確認されている。

フィ対協では、メール内に記載されたリンクからはアクセスを避け、正規のアプリやブックマークしたURLから各種サービスへアクセスするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも