Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準

フィッシングの報告件数の増加傾向が続いている。6年ぶりに4000件台を記録した7月からさらに増加し、初の5000件台となった。

フィッシング対策協議会によれば、8月に寄せられたフィッシングの報告件数は5577件で、前月の4322件から1255件増加。これまで最も多かった2014年1月の4656件を上回り、過去最多となった。

2019年2月以降、増加傾向が続いており、前月は2014年6月以来6年1カ月ぶりに4000件台に乗せ、8月はさらにそれを上回り、調査開始以来はじめて5000件台に達した。

一方、フィッシング攻撃に悪用されたURLは2111件。調査開始以来、はじめて2000件を超えた前月の2189件からわずかに減少したものの、引き続き2000件オーバーの高い水準で推移している。悪用されたブランドは、前月から13件減となる48件だった。

20190904_ap_001.jpg
フィッシング報告とURLの推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系