Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害

懸念するセキュリティ脅威は「未知のマルウェアやゼロデイ攻撃」が59.4%、「部内者の人的ミスによるインシデント」が54.6%で目立った。セキュリティ導入時の課題としては、「予算の確保」「導入効果の測定が困難」を挙げる企業が多かった。

セキュリティ対策の導入状況を見ると、クラウドアプリケーション対策は23.5%、仮想OSのセキュリティ対策は23.4%。EDRやMDRサービスの利用は23.4%だった。統合管理を行うオーケストレーション製品やサービスは13.3%、AIや機械学習による自動化は10.3%となっている。

2019年度の情報セキュリティ投資額について、約6割の企業が「前年度と変わらない」と回答。東京オリンピック、パラリンピックに向けたセキュリティ対策については、「実施した」が8.9%で「これから実施する計画がある」が18.1%だった。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT