Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業、IT投資で「セキュリティ向上」に高い優先度 - 「AI能力向上」も

IT投資において、日本企業の半数近くが「セキュリティの向上」について優先順位を高く考えており、海外12カ国と比較してもっとも高い結果となった。

Colt Technology Servicesが、2023年11月から12月にかけて欧米やアジアなど12カ国における企業のIT意思決定者やデジタルインフラサービス担当者1114人を対象にIT技術への投資動向について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

具体的な対象国は、日本のほか、米国、イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、スペイン、イタリア、スウェーデン、デンマーク、シンガポール、香港の12カ国。

回答者の79%が今後1年から3年以内にIT予算を増額する見通しで、特に「香港」の割合が高く92%にのぼる。次いで「シンガポール(89%)」「日本(84%)」が多く、特にアジア圏で高い投資意欲が見られた。

今後1年間におけるIT投資の優先度が高い項目を尋ねたところ、「セキュリティの向上」が40%、「AI、機械学習能力の向上」が31%と続く。

特に日本は、「セキュリティの向上」が48%と調査対象国のなかでもっとも高い。「AI、機械学習能力の向上(42%)」についても香港と同率でトップ。「ITの活用によるあらたな収益源の発掘(31%)」なども調査対象国のなかでもっとも高い割合を示したという。

(Security NEXT - 2024/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市