Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害

過去1年間にセキュリティ被害に遭った企業は14.2%だった。1件あたりの被害額は、増加傾向にあるという。

IDC Japanが、国内企業829社について、セキュリティ対策の状況について4月に調査を実施、結果を取りまとめたもの。

過去1年間でセキュリティ被害に遭った企業は14.2%。前回調査とほぼ同水準だった。ランサムウェアの感染被害は前年より2ポイント減となる8%が被害を受けたと回答。過去に重大なセキュリティ被害に遭った企業は25.2%だった。

復旧や賠償金などにかかった費用は、「500万円未満」が37.3%で前回から1.8ポイント増加。「500〜1000万円以上」が15.8%で5.7ポイント増加した。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測