Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2024年1Qのクレカ不正利用、前四半期から12.4%減

2024年第1四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約121億4000万円だった。前四半期から減少したが、依然として被害額が100億円を超える高い水準が続いている。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通関連事業者、中小の小売団体など41社を対象としてクレジットカードの不正使用被害の状況を調査し、取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約121億4000万円。前四半期の約138億6000万円から12.4%減となった。2023年第2四半期をピークに減少傾向が見られるものの、2022年第1四半期以降、被害額が100億円を超える状況が続いている。

被害の内訳を見ると、番号盗用による被害が約112億4000万円で被害全体の92.6%を占める。前四半期からは12.3%減少となるも、6四半期連続で100億円を超える被害が番号盗用により発生している。

偽造カードによる被害は約7000万円。前四半期の約1億1000万円から縮小した。そのほかの被害は約8億3000万円となり、前四半期から11.7%減となっている。

20240703_jc_001.jpg
クレジットカード不正利用の発生動向(グラフ:日本クレジット協会の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市