Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第1四半期における相談状況について取りまとめた。相談全体では件数が減少したものの、「ウイルス検出の偽警告」に関する相談は増加している。

同四半期に同機構の「情報セキュリティ安心相談窓口」に寄せられた相談件数は3385件。前四半期の4477件から24.4%減少した。

相談内容を見ると、「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談が549件。前四半期の458件から19.9%増となった。

「ワンクリック請求」に関する相談は61件で、前四半期の105件から縮小。SNSやネットショッピングサイト、クラウドサービスなどにおいて、第三者にIDやパスワードが不正に利用されたとする「不正ログイン」に関する相談は83件。前四半期の113件から26.6%減少した。

(Security NEXT - 2019/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件